巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

夢はカラーか白黒か?

今夜も、カラフルでハッピーな夢が見られますように……。

みなさんは、今朝どんな夢を見ただろうか? 夢こそはすべての動物が体験できる、平等にして一番安上がりな娯楽である。小野小町が『うたた寝に 恋しき人を見てしより 夢てふものは 頼み初めてき』と詠っているように、平安時代には、「自分のことを思い慕ってくれたときに、相手が夢に出てくる」と考えられていて、好きな人が夢に出てくることを切望する若者が多かったとか……なんともロマンチックな話だ。

ところで、カラーの夢を見る人、白黒の夢を見る人……2タイプの人間が存在することは、以前からときどき話題になっている。「女性の方がカラーの夢を見る」、「若い人ほどカラーの夢を見やすい」、「芸術家っぽい人がカラーの夢になりやすい」……いくつか説があるが、実際のところはどうなのだろう。

まず、10代から60代の男女40人にアンケートを実施。その結果、なんと39人がカラーの夢を見ていると回答した。ほぼ全員である。1951年の文献で「約30%の人がカラーの夢を見ている」という記述があることを考えると、あまりにかけ離れている。

この現象について、オーラソーマ(カラーセラピー)ティーチャーとして活躍されている、トゥルーカラーズの高橋雅子さんにお話を伺った。
「私が子どものころは“カラーの夢を見ると精神的に不安定”などという説もあり、カラーだとちょっと変わった人(?)なんていわれたこともありました。私はずっとカラーでしたが……。実は全ての人の夢には色がついているのですが、色についての関心度は、夢の“色の記憶”と関係しているといわれています」
色についての感性が発達していたり、色に関心が深い人は色つきのまま夢を記憶しているが、色に関心が無い場合、白黒となりやすい、とのことだ。
関連キーワード

2009年11月17日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品