巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

「トトロの木」の形に驚愕

ライター情報:スズキナオ

このエントリーをはてなブックマークに追加

最もトトロ的に見える角度から撮影した1枚。

トトロの木、と聞いてどんなものを想像するだろうか。

山形の親戚に「トトロの木」を見に連れて行ってあげようか、と言われた瞬間、私はジブリアニメ「となりのトトロ」に登場するような楠の大木をイメージした。あの作品に描かれた神聖な森の雰囲気が好きだったのでぜひ連れて行って! と懇願。

やってきたのは山形県最上郡鮭川村。村の名になっている一級河川「鮭川」が流れ、山あいののどかな風景が広がる。役場の案内板を頼りにしながら車で山の中へ入って行ってしばらく、田んぼの中にポツンとそびえる大木が目に入ってきた!

手前に作られた駐車スペースに車を停め、そこからは徒歩で木の下まで行くことになる。徐々に近づいてくる巨樹の迫力に鳥肌を立たせながら、周りを囲うように作られた木道を歩いて、ベストポジションから眺めると……。写真のように、なるほどトトロ型!

こんもりと茂った胴体部分から頂点がぴょんぴょんと耳のように二つ突き出し、トトロさながらの愛嬌でたたずんでいる。幹に近づいてみると、今度は厳かな雰囲気に圧倒される。幹周りは5mもあって、樹齢は700~800年以上にもなるとのこと。根本に古びた祠があり、この木が遠い昔から信仰されてきたのが伝わってくる。遠くから見た形もトトロだが、幹に近づいた時の厳粛な空気もトトロの世界を感じさせる。

この木の正式名称は「小杉の大杉」(この名前も面白い)と言い、芯が2本あるために昔から夫婦杉と呼ばれ、親しまれてきたという。

ライター情報: スズキナオ

1979年生まれ水瓶座・A型。立ち飲みや無目的な街歩きが趣味。チミドロっていうテクノバンドをやっています!

2009年11月21日 00時00分

注目の商品