巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

インフルエンザ治療薬リレンザはなぜ吸入?

ライター情報:もがみ

リレンザと専用の吸入器「ディスクヘラー」。

( 1 / 2 )

冬のインフルエンザの流行時期だ。特に今年は新型インフルエンザが猛威をふるっている。筆者の周りでも爆発的に流行しているが、多くが比較的すぐに快復している。
皆がそろえて口にするのは「処方された治療薬(タミフルもしくはリレンザ)を飲んで寝たら、すぐに楽になった」ということ。どうも「治療薬と十分な休養」が重要なようだ。

そもそもインフルエンザは急性の呼吸器感染症。喉から侵入したウイルスが、気道で「細胞への感染」と「自身の増殖」を急激に繰り返すわけだ。
通常の風邪と違って、症状が全身に強く現れ、高齢者や子供や持病のある人は特に重症化する、厄介な感染症。

この病を治すには、ウイルスの感染と増殖を食い止め、人間の免疫によって倒すことが必要。
だから、感染・増殖を食い止める「治療薬」と、戦い倒すための「十分な休養」が大切だし、治療薬は可能な限り速やかな投与が求められる。

さて、治療薬の「タミフル」や「リレンザ」は、A型(新型はこの型)およびB型インフルエンザウイルスの増殖を抑える薬であるが、その仕組みを簡単にみてみよう。

ウイルスは人間の細胞に侵入(感染)し、そこで増殖する。増殖したら感染細胞から出て、さらに他の細胞に感染、増殖を繰り返す。
ウイルスは表面に、細胞に入るのを助ける物質(ヘマグルチニン)を持つが、それは逆に細胞から出て離れるときには邪魔になる。
ウイルスはさらに、この邪魔を排除する別の物質(ノイラミニダーゼ)も持っており、これを使って感染細胞から遊離してゆくのだ。

ライター情報: もがみ

普段は勉学に励み(?)、休日にコネタ探しをしている。大阪イメージアップ作戦展開中。好物=旅、コネタ探し、デジカメ、地図

2009年11月25日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品