巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

眠っている間でも「耳」は聞こえているのか

ライター情報:田幸和歌子

このエントリーをはてなブックマークに追加

寝ているときも、耳は働いているんです。

先日、目、耳、口の「寝る順番・起きる順番」についての調査記事を書いたが、去年10月に、クラシック曲を観客に聴いてもらい、脳波計で“眠さ”を測定する「睡眠コンサート」なるものが大阪で行われていたことを知った。

これってつまり、寝ている間もやっぱり耳は起きているということ? 

コンサートを企画した「日本睡眠学会」の大阪バイオサイエンス研究所・裏出良博研究部長に聞いた。
「これは本当に良い質問です。そして、科学的に正確に答えるのが難しい疑問です。動物は寝ることが命取りになることもあるのに、命がけで寝ます。そもそもなぜ寝るのか? そんな“寝ることの意味”すらわかっていないんですよ」

眠りに関する様々な研究が行われるなかで、まだはっきりしていない事柄は非常に多いらしい。
「確かに眠くなると瞼が重くなるけれど、目から最初に寝るわけじゃないと思います。おそらく脳が最初に眠るのだと思います。そもそも目をあけるには、エネルギーがいります。眠って意識が無くなると、力が抜けて目を閉じてしまいます。つまり、口をあけるのと同じく、目も意識的にエネルギーを使って開けているのです。そして、眠るために目を閉じるのです」

眠りを妨げる一番の刺激は「光」だと言う。
「たとえば、授業中でも、眠くなると自然と目を隠すでしょ。また、カーテンを閉めていると光に気づかず、寝過してしまうし、朝日が差し込むと、目がさめます」
一方、鼻や耳は寝ても「閉じない」。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2010年1月5日 10時00分

注目の商品