巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

大流行のクッキングトイが本屋で買える

ライター情報:田幸和歌子

このエントリーをはてなブックマークに追加

こういう商品が、書店でもっと買えるようになるといいですね。

昨年末のクリスマス商戦でも大人気となっていた、お菓子や料理を作れるオモチャ「クッキングトイ」。
これまで玩具店に行かないと出会えなかったものだが、昨年12月から、書店に並んでいるのをご存じだろうか。

宝島社がタカラトミーと共同開発した「親子のたいやきくん お楽しみBOOK」である。たいやき型とレシピ本がセットになっており、価格も1980円と、一般のクッキングトイに比べ、ずいぶんお手頃なのも嬉しい。

それにしても、なぜこの企画を? 開発を担当した宝島社の河上晋さんに聞いた。
「2009年が『たいやき100周年』ということを知り、たいやきの企画を考えていました。市場を調べるなかで、クッキングトイの『親子のたいやきくん』が売れていることがわかり、たいやきは性別、年齢等、幅広い層に人気があると考え、書店・コンビニで販売することで、さらに幅広い層の方にご購入いただけるのではと思いました」

基本的には、「書店、コンビニで売れるもの」として、そこで売りやすいパッケージイメージなどを考え、一般のクッキングトイとの差別化をはかるうえで、レシピ情報を載せた本が有効と考えたと話す河上さん。
制作のなかで特に苦労した点は?
「食べものを作るキットなので、付録の安全性と品質管理の点は慎重に行いました。新規開発商品のため、予測しづらい面もありましたが、おかげさまで好調をいただいています」

ところで、河上さんは、かつてパソコン雑誌の編集をしていた経験から、雑誌にCD-ROMを先駆けてつけたという人物。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2010年1月25日 10時00分

注目の商品