巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

お風呂でオシッコする男性が多いって本当?

ライター情報:田幸和歌子
このエントリーをはてなブックマークに追加

水の音がいざなうのでしょうか。

昨年、あるテレビ番組で「お風呂でオシッコ」という話題が出た。
驚いたのは、司会者がひな壇に並ぶ男性タレントたちに「お風呂でオシッコしたことある人!」と尋ねると、男性の100%が手を挙げたこと!

失礼ながら周囲の男性たちに聞いてみても、やはり「お風呂でおしっこ」経験者はかなりの割合に上った。

いったいなぜ男性は、お風呂でオシッコをしてしまうのか。カラダの構造上、仕方のないことなのか。
『はい、泌尿器科です。』の著書で、医療法人社団 湘南太陽会 鳥居泌尿器科・内科の鳥居伸一郎院長に聞いた。

「裸になって急に寒くなることもあると思いますし、水の音が刺激になること、また、お風呂ではガマンすることを忘れてしまうというのもあると思います」

人は成長するにつれ、「オシッコは行けるときに行っておこう」「あとはガマンしよう」という感覚が社会的につくられていくもので、一般的には約500~700mlためることができるという。
一方、1回で出るオシッコの量は約150~200ml程度。となると、風呂に入った瞬間にガマンできなくなるということは考えにくいけれど……。
「たとえば、ユニットバスである場合など、トイレとお風呂が近い場所にある影響は考えられます。お風呂でオシッコしてしまう人も、銭湯でする人は少ないはず。自宅で『めんどうくさいから』というのが現実的には多いのではないでしょうか」

では、なぜ「めんどうくさい→風呂でやっちゃえ」という気持ちの緩みが生じるのか。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2010年1月29日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品