巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

コーラで作る虫やザリガニのグミ

このエントリーをはてなブックマークに追加

「弁当箱の中に、ヘラクレスオオカブトが!」これも残さず食べる。

( 1 / 3 )

テレビで、中堅タレントがゲテモノを食べる番組がよく目撃する。アレなんか、素直に「ご苦労様」としか言いようがない。思えば、私が子どもの頃から“世界の珍料理”みたいな番組は人気だった。とんでもない物を食わされるのは、必ず田代まさしとかクワマン辺り。特異なポジションである。

しかし、食べ物はやはり美味しいにこしたことはない。すると、コチラの出番か。株式会社メガハウスより『ジュース合成 グミックス マザーセンター』なる、クッキングトイが発売される。
このおもちゃ、本物そっくりでリアルな昆虫の形をしたグミが、子どもでも簡単に作れるらしいのだ。そのグミをどのように作るかといったら、コーラやジュース、シロップといった”色の付いた飲料“とゼラチンを混ぜてグミ液を作り、専用の型に流し込み冷やす。すると、男の子も大興奮のおもしろグミの出来上がり。

それにしても「専用の型」が気になる。どんな型なのだ。説明書を見てみると、“オオクワガタ”、“カブトムシ”、“アメリカザリガニ”、“ダンゴムシ”といった形のグミが出来上がるというから、我が目を疑う。

「何も、こんなグミを食べることもないだろうに」と思ったが、わんぱく盛りの男の子には、このくらいの方がキャッチーだ。そこで同社の担当者に、このおもちゃの開発のきっかけを伺ってみた。
「近年クッキングトイが人気で、主に女の子向けが多い中、男の子にもウケる物ということがきっかけです。

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2010年2月1日 10時00分

注目の商品