巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「卒業証書授与式」は「卒業式」の正式名称じゃないの?

ライター情報:イチカワ
このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっとややこしいのですが、卒業、おめでとうございます。

3月に行われる学校行事・卒業式。
普段は単に「卒業式」って呼ぶけれど、実際の式では急にかしこまった感じの「卒業証書授与式」って名前になってたりする。

だから、正式名称は“卒業証書授与式、略して卒業式”。
……と、みなさん思ってませんか?

文部科学省に話を伺った。
「文部科学省では“卒業式”と呼んでおります。指導要領でも、卒業式と明記しているんですね。各学校の実態は把握しておりませんが、文部科学省としては、小中高すべてで“卒業式”という名称を使っております」

どうやら、国としては卒業式の方が正式名称らしい。“コンビニエンスストア、略してコンビニ”の理論とは違うみたいだ。

ただ歴史を紐解くと、ちょっとややこしくなる。もともとは「卒業証書授与式」って呼ばれていたというのだ。
このことは『立教大学教育学科研究年報第51号』の「卒業式の成立と定着過程」に詳しく書かれていた。この論文によると、卒業式のルーツは明治時代初期から始まった、小学校の“進級試験”にあるという。

当時、小学校は年齢関係なく、試験(筆記と口述)の結果によって進級が決まるシステムだった。新しい時代になり、優れた頭脳を持つ人材を育てることが、日本を成長させると考えられたからだった。そんな中、子どもをがんばらせるために、試験は保護者や一般の人たちに公開されていた。

ただ、試験を見てても一般の人には優劣がわからない。そこで「誰がよくできる子なのか」が最もわかりやすい方法として、及第点を取って進級した子へ、試験後に証書の授与が行われるようになった。
関連キーワード

ライター情報: イチカワ

国語ができなかった理系人間が、何を間違ったか文章書いてます。好物=無理のないジョギング、坂のない自転車移動、重くない人間関係

2010年3月13日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品