巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

信号がない! ホーチミンの恐るべき交通事情

ライター情報:田幸和歌子

このエントリーをはてなブックマークに追加

とにかくエネルギッシュな街です。

以前、台湾・台北の交通事情についてコネタで取り上げたが、それに勝るとも劣らないバイクの街が、ベトナム・ホーチミンだ。

ホーチミンを訪れたことがある人は誰でも知っていることだが、この街では台北と同じく、バイクの二人乗り、三人乗りは当たり前。「おじいさんと息子と孫二人」、「夫婦と子ども二人」など、四人乗りも、けっこう見かける。

しかも、驚くのは、ホーチミンにはほとんど信号がないということ。あっても、機能していないものが市街地でも多々あるということ。これは、信号が通行可能な残り時間を数字でカウントダウンしてくれる台北の発達ぶりとは対照的である。
そのため、ホーチミンに行くと、まず戸惑うのは、「どうやって道路を横断するか」という点だろう。

これについて、ガイドのベトナム人男性はこんなアドバイスをくれた。
「横断歩道を渡るときは、ゆっくり歩くこと。そうすると、バイクがよけてくれるから。止まってはくれないけど(笑)」
特に、ホーチミン市中心部にあるベンタイン市場前などは、意を決して渡らないと、一生渡れないのではないかと思うほどのバイクの波。

この中を横断するのは、かなり勇気が必要で、途中で立ち止まりそうになったり、思わず走ってよけたくなるものだが、それは逆に危険らしい。
仕方なく心臓をバクバクいわせながら、なんとかゆっくり歩いてみると、実際、バイクはよけてくれた。とはいえ、やっぱり怖いし、盛んにクラクションを鳴らされるから、気が気ではない。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2010年4月12日 10時00分

注目の商品