巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

掃除機の充電にはなぜあんなに時間がかかるの?

ライター情報:田幸和歌子

このエントリーをはてなブックマークに追加

充電問題よりも軽さやパワーが重視される時代です(写真はイメージです)。

「掃除機の充電って、10時間以上充電しても、使用できるのは20分とかの短い時間だけ。なんであんなに時間がかかるんだろうね?」
ある知人が、先日、そんな疑問を漏らしていた。

確かに、PCや携帯電話、デジカメなどとは消費電力が違うから別として、それなりにパワーを必要としそうなバリカンや電気カミソリ、ヘアアイロンなどに比べても、掃除機の充電に要する時間はかなり長い。

いったいなぜなのか。社団法人日本電機工業会に聞いたところ、掃除機担当者が、こんな説明をしてくれた。

「充電式掃除機は、基本的にモーターなどの大出力に適したニカド電池を6本とか8本とか使用しています。それを充電するためにはどうしても時間がかかってしまうのです。というのも、掃除機は、モーターの容量が大きいからです。そもそもゴミを吸い上げ、動かすには真空状態にしなければならず、それにはかなり高速回転の力が必要とされるんですよ」

さらに、現状では、充電式はハンディタイプのものが主流となっていることも影響しているのだという。
「充電時間と使用時間とは、『吸い込み力』と『重量』との関係があります。電池の容量をもっと増やせば、もっと短い充電時間でもっと長く使えることになりますが、容量的に増やした分、重量がどうしても重くなってしまい、商品価値が下がってしまいます。また、重くせずに長時間使用しようとすると、吸い込み力が弱くなってしまい、これも商品価値が下がるんです」

では、ハンディタイプではなく、一般的な床移動式のタイプだと、充電時間がもっと短く、使用時間が長くなるのかというと……。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2010年4月30日 10時00分

注目の商品