巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

青色が美しい発泡酒『流氷ドラフト』にクギづけ

ライター情報:田辺 香

『流氷DRAFT』は網走ビール株式会社のオンラインショップで通販ができるほか、「高島屋」各店、都内では有楽町にある「北海道どさんこプラザ」などでも販売している。

( 1 / 2 )

すっかり初夏! ますますキーンと冷やしたアルコールが美味しい季節になってきた。さて、そんな中、デパートのチラシを何気なく見ていた私の目をクギづけにしたものがあった。

それは、鮮やかな青い色をした発泡酒、その名も『流氷DRAFT(ドラフト)』

これは気になって仕方がない! ということで、さっそく製造・発売元の網走ビール株式会社に問い合わせてみた。答えてくださったのは、『流氷DRAFT』の開発者である、工場長の條将之(じょう まさゆき)さん。まずは誕生秘話についてうかがってみると……。

「『流氷DRAFT』は2008年2月に発売を開始しました。実はその前に会社の運営が変わって、何か新しいものを、ということになりまして。自分の中に、流氷をテーマにした青いビールがつくってみたいという気持ちがずっとあり、そこから開発を始めたのが、この『流氷DRAFT』なんです」

なるほど。ブルーのカクテルはよく見るけれど、ビールや発泡酒はかなり珍しいと思うし、斬新な発想! それにしても、どうしたら、こんな美しいブルーを表現できるのだろう?!

「やはり青い色を出すのは、難しかったですね。天然の色素をいろいろ探して、くちなしの色素も試してみたんですが、透き通る色がなかなかでなくて。というのも、もともとのベースとなる酒の色と混ざり、緑色っぽくなってしまったんです。それから試行錯誤を繰り返し、最終的にスピルリナという藻類の色素を使うことで、現在の青い色が実現しました」

以前、コネタでも紹介している『ビルク』『桜どらふと』も同じ網走ビールによる製造。

ライター情報: 田辺 香

出版社を経てフリーの編集者&ライターに。得意分野はキャラクター系、エンタメ系。お酒を飲むのが大好き。好物=ワイン、オリーブ、飲み会、ニューヨーク、リボン

2010年6月2日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品