巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

縦長になるパソコンモニターの便利さとは

ライター情報:羽石竜示

このエントリーをはてなブックマークに追加

24.1型カラーマネージメント液晶モニター『EIZO ColorEdge CG243W-B』(ナナオ製)。7 月23日発売。直販価格16万8000円。FlexStandの採用でモニター部をより広範囲に調整可能。縦長にできるほか、モニター部を机上に接地できる。

( 1 / 2 )

パソコンを使っていて、「モニターは縦長のほうがいいな」と思ったことはないだろうか。昨今、横長のモニターが急増する中で、あえて縦長になるモニターの便利さを考えてみる。

テレビ画面は、映像のハイビジョン化とともに従来の4対3から16対9の比率になった。一方、パソコンもいわゆる「ワイド画面」が多くなり、たとえば「23型ワイド」という表記をよく見かける。だが、縦型志向のユーザーにとって、この現象をどう捉えるべきか。

画面が横方向を中心に大きくなっているので、縦型志向ユーザーからすると「大きくなっても使いやすさをあまり感じない」と思われるかも知れない。というのは、企画書や原稿を書くときの横書き文書ファイル、基本的に上から下へ閲覧することが大半のブログ、そしてポートレートに多い縦長の写真などは、横長のモニターでは作業的にも閲覧的にも非効率なのだ。

そこで注目されるのが、横長を縦長にできるモニター。画面の縦横を簡単に変更できる機構を持つスタンドを採用したモニターが結構ある。ただし、パソコン上でまず画面を縦長に設定してから、モニターを縦に向けないとダメ。そのやり方は「EIZO」ブランドのナナオのウェブサイトに載っているので参考にされたい。

ちなみに、同社の縦長対応のモニターは縦にした場合でも左右からの見え方(色や明るさの変化)が少ない液晶パネルを採用。縦にしたときに写真やイラストなどの画質が変わって見えることはほとんどないので、映像重視のユーザーにとっては重宝だ。
関連キーワード

ライター情報: 羽石竜示

フリーライターやってます。カメラ、写真、プリンタ、PC、デジタルガジェットなどの分野をおもに執筆。また、写真撮影にも注力しております。よろしくです。

2010年7月6日 10時00分

注目の商品