巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「黒ひげ」のルールがいつの間にか逆になった理由

ライター情報:田幸和歌子
このエントリーをはてなブックマークに追加

「飛び出したら勝ち」がルールだった、初代「黒ひげ」。

( 1 / 2 )

1975年に登場し、今年で35周年となるロングセラー商品「黒ひげ危機一発」。誰もが一度は遊んだことのある定番人気ゲームだろう。

だが、ふと疑問に思うのは、そもそもの遊び方が変わったのではないかということだ。
今はパッケージなどにも「飛び出したら負け」と書いてあるが、確か昔は「飛び出したら当たり」だった気がする。

というのも、もともとこのゲーム、タルの中で縛られたままの黒ひげを、子分が剣で縄を切って救出=飛び出させるのが目的であったはず。ルールがいつの間にか変わったの? だとしたら、なぜ? タカラトミーに聞いた。

「確かに『黒ひげ危機一発ゲーム』は1975年に発売されたときは、タルの中で縛られたままの黒ひげの縄を切って救出するというゲームで、パッケージにも『飛び出させた人が勝ち』と書かれていました」
と言うのは、カード・トイゲーム事業本部の名和香織さん。
やっぱりそうだったか! だが、4年後の1979年のパッケージでは「飛び出したら勝ちまたは負け(遊ぶ前にどちらにするか決めてから遊んでください)」と変わったという。つまり、自分でルールを選ぶという方法だ。理由は?
「ずいぶん昔のことなので、諸説あるのですが、当時の某人気テレビ番組で使用されていた際、『出ると負け』として使われたことが理由のひとつだと思われます。当時は今よりもみんながテレビを観ていて、メディアの影響力が非常に大きなものでした。『黒ひげ』自体の人気も番組によって火がついたところがあるんですよ」

さらに、「飛びだす→罰ゲーム」というゲーム性のほうが、自然な流れととらえる人が多かったということもあるらしい。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2010年7月9日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品