巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

犬がしっぽを振るのは計算!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

しっぽを振りながら歩く姿は、たまらなくキュート。

突然だが、あなたは犬を飼っているだろうか? もし飼っていなくても、“犬好き”という人は多いだろう。犬の“愛くるしいポイント”は挙げればキリがないが、そのひとつに“しっぽを振る仕草”が入ることは間違いないと思う。

街を歩いていると、うれしそうにしっぽを振りながら飼い主と散歩を楽しんでいる犬をよく見かける。犬がしっぽを振るのは、“うれしい”や“楽しい”など、プラスの感情の表現だと推測できるが、実際はどうなのだろう? また、無意識に動いてしまうのか、状況をうかがって意識的に振っているのか……その仕組みは??? あのかわいらしさが計算だったらちょっとショックだなーと思いつつも、真相を家庭犬行動セラピストのドッグテックジャパン河原さんに聞いてみた。

犬はどんなときにしっぽを振るのですか?
「しっぽには、喜怒哀楽の感情表現や、警戒、順位づけの心理状態を表現するなど、さまざまな使い方があります。うれしいときにしっぽを振るのは間違いないのですが、実はそうじゃないときにもしっぽを振ります。“しっぽを振っているから喜んでいるんだ”と解釈して近寄ると、場合によっては痛い目を見ることもあるので注意が必要。とくに、犬が低い位置やピンとしっぽを立てて振っているときには刺激しないようにしましょう。そんなとき、犬は人間に対し“警戒中! 怖い! 触らないで!!”と事前にしっぽで気持ちを伝えてくれているんですよ」

“犬に好かれる”と自負する筆者は、しっぽを振る秋田犬に抱きついて噛まれた経験があるが、そういうことだったのか……。
関連キーワード

ライター情報: 堀口麻琴/プロップ・アイ

制作会社スタッフ。ひとりを愛する寂しがりや(矛盾)。好物=漫画、動物、茄子、耳かき

2010年7月18日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品