巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「ラー油」ならぬ「ニラー油」

具だくさん。

( 1 / 2 )

今や、空前の“ラー油ブーム”。食べたことある人はわかると思うんですが、何にかけてもウマい。ごはんにも、ラーメンにも、揚げ物にも、野菜にだってイケる。

ただひとつ難点が。売ってないのだ。あまりの人気で。そして、売ってたとしても買い占めはいけない。恐らく、大抵の店では「お一人様~点限り」と制限付きで売っているのではないかだろう? 空前のラー油ブーム。

そんなブームに、私もバッチリ乗っている。だからこそ、このニュースは見逃せない。ちょっと変り種のラー油が発売されたらしいのだ。
北海道の知内町で地元のニラを生かしたオリジナル商品を開発している「知内屋」が、6月1日より『ニラー油』を発売している。

何が変わっているか。恐らく、説明は要らないに違いない。ニラが含まれたラー油だということは、火を見るより明らかなのだから。
詳しく説明すると、ニラの風味が溶け出した「ニラ味油」がベース。具材には、ニンニク・玉ねぎ・カシューナッツ・干しエビ・焼昆布などを使用して、サクサクの歯ざわりを。
辛さはややマイルドで、辛党には少し物足りないかもしれないが、実はその辛さも塩加減も「料理にトッピングした時に最適」なように計算されているという。

そんなことを言われて、黙っていられると思うか? 当然、お取り寄せした。
フタを開けてみると、早速伝わってくる新鮮な香り。ニラの感じは、“多少”あるという程度。若干、香ばしそうな雰囲気がするのだが、それはニラのおかげらしい。

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2010年7月25日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品