巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

1

データ保存はどれが安全? HDD、フラッシュメモリ、光ディスク

ライター情報:もがみ

どれも安全ではない。バックアップ命!

パソコンが一般に普及して10年が過ぎた。大切なデータが消えてしまったという話は最近よく聞く。写真や書類など大切なデータを安全に保存するには、どのメディアを選べば良いのか? 簡単にまとめてみた。

主な記録メディアといえば、ハードディスク(HDD)、フラッシュメモリー、光ディスク。
ハードディスクは、パソコン内蔵(CやDドライブなど)や、持ち運べる外付けがある。
フラッシュメモリーは、主に「USBメモリー」、SDメモリーカードなどの「メモリーカード」、HDDと同様に扱える「SSD」、あとiPodなどの「携帯音楽プレーヤー」など。
光ディスクは、CD、DVD、BD(ブルーレイディスク)など。実際には記録用のDVD-RやBD-Rを用いる。

では、それぞれの安全性、寿命を簡単に見ていく。一番安全なのはどれか、結論が出るだろうか?

まずは「ハードディスク(HDD)」。データ記録用の円盤(磁気ディスク)を高速回転させ、磁気ヘッドで読み込む。音楽レコードのイメージだが、ディスクとヘッドは接触していない。もし接触したり、ゴミが引っかかれば、ディスクが傷つき、それは故障・データ損失を意味する。また、ヘッドの読み取りが少しでもずれたらエラーとなる。
このため、衝撃や熱や湿気に弱い。特にノートPCの場合は衝撃に注意。また、このように機械的に動くため、常に故障のリスクも大きい。
「いつ壊れるかわからないHDDは信用できない」という認識が一般的だ。
関連キーワード

ライター情報: もがみ

普段は勉学に励み(?)、休日にコネタ探しをしている。大阪イメージアップ作戦展開中。好物=旅、コネタ探し、デジカメ、地図

2010年8月13日 10時00分

コメント 1

  • 考えるカラス 通報

    個人的にはHDD派。相性問題はない。大容量で数台で全データを統括。リードもライトも速い。 あとは物理寿命だが、数台で全データOKの大容量さとリードライトの高速性を生かして二重保存しておけばまず安心。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品