巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

「ラー油のラムネ」を飲んでみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

ラムネ瓶に、まるまるラー油が入ってるみたいな。

( 1 / 2 )

“食べるラー油”が、食べたくてしょうがない。「買えばいいじゃん」と言われるかもしれないが、その人気ゆえ、見つからないのだ。品薄極まりない、この昨今。

だからと言うワケではないが、今度は“飲むラー油”に手を出してみようか。ハタ鉱泉株式会社から7月1日より発売されているのが、『ラー油風ラムネ』(税込み120円)。

きっと、ラー油みたいな味のするラムネなんだろうな。……まるで想像がつかない。本当は、どんな味がするのだろう? 同社に連絡して、直接質問してみた。
「ちょっぴり辛い、唐辛子風味です」
なるほど。口で説明されても、ちっともわからない。

そこで、言うまでもなく取り寄せてみました。
第一印象は、“ラムネ瓶に入ったラー油”。1本まるっとラー油が収まってるように見えて、「なんて、大胆な……」と誤解してしまいそうな。
しかし、これはラムネなのだ。だから飲む。

ラムネを口に近づけたその瞬間、「ンッ!?」。あまりにも、ラー油風味。今流行りの“食べるラー油”というよりも、昔からある餃子屋さん御用達のラー油の香り。
そして、ようやく飲んでみる。ハッキリと辛い。ノド越しに「ツンッ!」とくる。ラムネって元から刺激の強い飲み物だと思うのだが、その中でも最上級。もし、ノドを炭酸の“シュワシュワ”で刺激したくなったら、このラムネこそ最適。

肝心の味に関しては……。例えて言うならば、ラムネの甘さとラー油の辛さがそれぞれの陣地から私の舌に襲いかかってきたみたいな。
関連キーワード

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2010年9月2日 10時00分

注目の商品