巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

『君が代』とアメリカ国歌の歌いやすさの違い

ライター情報:田幸和歌子

写真は「君が代」にも登場する「さざれ石」です。

国歌「君が代」、音楽的な旋律の面で、「歌いにくいなあ」と感じたことはないだろうか。
たとえば、アメリカの国歌などはノリも良く歌いやすいのに、「君が代」はなぜ難しいのか。

『裏声のエロス』(集英社新書)著者で、音痴矯正を手がけるBCA教育研究所主宰者の高牧康さんは言う。
「まず音域の広さと、伴奏のキーの問題があります。国旗及び国歌に関する法律(平成十一年八月十三日法律第百二十七号)には楽譜が付されていることから、このキーで歌わなければならない、と決められているようです。出回っているCDや伴奏の楽譜も、すべてこのキーで、特に教科書は法律に基づいて作られていますから、学年別にキーを変えた楽譜を載せるなんてことはできません。ところが、最高音・レというのは決して楽に出せる音ではありません。 声変わりしたばかりの中学生、高校生にとっては出しにくい高い音なのです。だからといって、1オクターブ下で歌うと、今度は最初が低すぎて出せません」
確かに、自分自身、「こけの~」というところで苦戦した記憶はある。
「プロ野球などの開会式に君が代をアカペラで歌うゲスト歌手が多いのも、これらの理由によるものです。自分のキーでなら、歌えるからです」

「音域の広さ」でいえば、アメリカの国歌のほうが広い気がするけど……。リズム感、ノリの良さから歌いやすいということ?
「それもあると思いますが、そもそも日本の『君が代』のルーツが、アメリカを代表とした多くの国歌のルーツと異なることが大きな理由としてあります」

「小學唱歌集 初編」(明治14年発行)には、愛国心を鼓舞するための「国楽」として『君が代』が登場している。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2010年9月8日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品