巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

溶けるチーズと溶けないチーズ、その違いは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

やっぱり並べてしまうと、正直どっちがどっちか分かりません。

冷蔵庫の中が乱れてくると、つい混在してしまうものがある。

それは“溶けるチーズ”と、溶けないタイプの“スライスチーズ”。
パッケージを見れば薄く書いているのだが、どっちも似たような形、似たような色合いだ。

外に出しておくと溶けるチーズの方がだらしなくなるため区別も付くのだが、冷えた状態ではわかりにくい。
違いといえばただ熱を加えると伸びるか伸びないか。
ではこのチーズ、具体的には何が違うのだろう。
 
このチーズたちを分類上、“プロセスチーズ”という。数種類のチーズを溶かして混ぜ合わせ、乳化させて作られたチーズのこと。
チーズを製造する会社に伺ってみると、見た目は同じだが、原料チーズが異なるのだそう。

溶けないタイプのスライスチーズはゴーダチーズ、チェダーチーズなど風味あるチーズを配合。こだわったのは、味の良さだ。
だからパンに挟んだりサラダに使うなど、チーズ自体を味わうレシピがおすすめ。

いっぽう溶けるチーズは熱を加えると、溶けて糸を引くように作られているため、よく伸びるモッツァレラチーズが主体。
パンに乗せて焼くなど糸引きを楽しむ料理がおすすめ。
ただそのかわり、味はスライスチーズに比べると単調で薄めなのだとか。
 
そのまま食べておいしいのは断然、溶けないタイプのスライスチーズだ。
もちろん溶けるタイプを「味が薄めで美味しい」と好む人もいるが、やはり溶けるタイプの本領発揮は熱を加えてこそ。
逆にスライスチーズはあまり溶けない。
関連キーワード

ライター情報: のなかなおみ

いつか山の中に引きこもりたい大阪在住フリーライター。日々、野良猫との遭遇を楽しみに生きてます。

2010年9月13日 10時00分

注目の商品