巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

携帯ストラップになった、本物の椎茸

電話中、キラリと光る存在感。

子供の頃、口元にご飯粒をつけて歩いてると「お弁当つけて、どこ行くのー?」。そんな可愛過ぎる注意を、よく受けたものだ。

じゃあ、こんなストラップを付けてたとしたらどうする。まさに、注意の集中砲火。株式会社StrapyaNext(ストラップヤネクスト)から発売されているのは、『椎茸ストラップ』である。

画像を見てほしい。思わず「精巧にできた、食品サンプルだよねー」なんて、タカをくくってしまいそうな。
ちがう。サンプルじゃない。これは椎茸なのだ。携帯電話にぶら下がる、ガチ椎茸。

スゴいですね。なんて大胆な。このストラップ発売の経緯について、同社に伺ってみた。
「元々は5年前にある農家が作っていた商品で、当社でも取り扱いをしておりました。ですが、その方が製造をやめたことで、当社でも取り扱いが中止になったんです。しかし、当時のヒット商品でもあり、秋にピッタリのストラップということで今季の再発売となりました」

再発売といっても、単に当時と同じ商品の扱いを再開しただけじゃない。5年前の椎茸は、表面が柔らか過ぎたり、さらにはカビちゃったり……。問題点はいくつかあった。
今回の椎茸は、その辺りを克服している。

製造方法は、まず仕入れた椎茸の中でも形の良いものだけを選別する。そして、これらを秘密の液体に入れて、腐ったり柔らかくなったりしないように加工。特に、茎の部分が弱くなりがちなので、重点的に補強するという。
そこからは、天日干しして陰干しての工程に費やすこと、3日間! ここでシッカリ湿気をとらないと、カビが生えてきてしまうのだ。

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2010年9月21日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品