巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

ヨーグルトは今、砂糖なし、低脂肪が当たり前?

ライター情報:田幸和歌子

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨーグルトを食べるとき、何かかけてますか?

最近、スーパーなどでヨーグルトを買うとき、プレーンヨーグルトに「砂糖は添付されていません」と表示されたものが、非常に増えていることに気づく。
かつては砂糖が添付されていないプレーンヨーグルトは、ごく一部の印象だったのに、近年、変わってきているのだろうか。

そういえば、我が家でも、プレーンヨーグルトを買うと、ジャムやハチミツ、果物を入れることが多く、別添えの砂糖は、煮物などに使用してきたけど……。
別添えの砂糖を使わない人が多くなったのだろうか。

「ビヒダスヨーグルト」でおなじみの森永乳業に問い合わせてみると、
「以前はプレーンヨーグルトの主要メーカーである弊社、明治乳業、雪印乳業(日本ミルクコミュニティ)の3社はすべて砂糖を付けておりました。しかし、各社とも砂糖を添付していない商品を発売するようになって、とくに当社では、砂糖を添付した商品は現在発売していません」
と広報担当者。
実際、森永乳業でも「ビヒダスヨーグルトBB536」は、2009年6月から砂糖添付なしとなっている。また、2008年11月に発売した「ビヒダスヨーグルト脂肪0」も砂糖添付なしで発売を開始しているという。

ヨーグルト業界全体としてみると、「2008年頃から砂糖添付なしのヨーグルトが増えてきたのではないかと感じます」ということだが、では、なぜ砂糖添付なしのヨーグルトが増えてきたのだろうか。
「プレーンヨーグルトをフルーツやジャムなどと組み合わせてお召し上がりいただくという方や、健康志向の高まりから、プレーンヨーグルトをそのまま食べる方も増えています。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2010年10月4日 10時00分

注目の商品