巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

“でき婚”はもはや死語!?

おめでた婚を応援する『ママリッジ』のサイト。

[拡大写真]

以前、ブライダル関係の記事を書いた際に、取材先から「“できちゃった婚”を“おめでた婚”に訂正していただきたいのですが……」と言われたことがある。確かに、「できちゃった」という言葉には「つい、うっかり……」みたいなニュアンスがあり、ブライダル業界的にはマイナスイメージを払拭して、妊婦さんにもあきらめないで挙式してもらえれば……ということなのだろう。

最近は芸能人の結婚報道にも、交際のきっかけや入籍の予定などをひと通り報じた後で、「なお、●●さんは妊娠はしていないという」とわざわざつけ加えることが多く、これなども結婚と同時に妊娠を発表する芸能人がいかに多いかということを象徴していると思う。最近のでき婚報道だと、木村カエラ&瑛太のカップルが記憶に新しいところ……。

厚生労働省が02年に発表したデータでも、今や4人に1人ができ婚という時代。そこで驚くのが、ブライダル業界における「できちゃった」に代わる言葉である。「おめでた婚」「授かり婚」は想像の範囲だが、「エンジェル婚」「Wハッピー婚」なんて呼び方まであるのだとか。“Wハッピー”とはいくらなんでも、という気がしなくもないが、一方ではよく思いつくものだと感心も。

また、最近は妊婦さんの体調や負担に配慮したウェディングプランも充実しているという。『ママリッジ』(ママ+マリッジ=ママになって結婚することを表現する新しい言葉だそう)なるサイトを運営するウェディングプロデュース会社の『ラディーブ』にお話を伺ってみたところ、ママリッジのスタートは2004年からとのこと。
関連キーワード

2010年10月10日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品