巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

福井県で冬に水ようかんを食べるのはナゼ?

ライター情報:dskiwt
このエントリーをはてなブックマークに追加

福井県名産『えがわの水羊かん』。こんな感じで板状になってます。

[拡大写真]

福井県のアンテナショップ「ふくい南青山291」に行ったときに、オススメ品として紹介されていたのが「水ようかん」。
「水ようかん」は夏の和菓子をイメージさせるが、聞くところによると、福井県では冬に、コタツに入ってみかんではなく、水ようかんを食べるらしい。同ショップでイチオシ商品の『えがわの水羊かん』の販売時期も11月から3月となっていた。

「ふくい南青山291」の館長・井上義信さんいわく、「冬場には各家庭の冷蔵庫に常備してあって、給食にも出る」!? とのことだが、どうして冬に食べるのか。

井上さんが一説として語ってくれたのは、「隣の京都へ丁稚奉公に行っていた見習いさんが、暮正月の帰郷の際、お土産として水ようかんを持ち帰って食べていたのがはじまりで、それが風習として残ったのではないか」というものだ。『えがわの水羊かん』に同梱されている印刷物にも、「大正・昭和の頃、丁稚(でっち)さんが里帰りの折りに食べた和菓子」とあった。別名で『丁稚ようかん』とも呼ばれるらしい。

ほか、調べてみると、お土産としたのは練りようかんで、当時はぜいたく品だったこの和菓子を水で薄めてつくりなおして食べていた説や、逆に丁稚の家族がお土産として奉公先に持っていかせた説など諸説あり、明快な回答は得られなかった。

いずれにせよ、福井県で広く親しまれているという『えがわの水羊かん』を食べてみることに。コタツはないけど、あたたかくした部屋で。

ライター情報: dskiwt

関心あるモノコト:コーヒー、ビール、おにぎり、パン、本、本屋、映画、カメラ、時事英語、MacBook Air、iPad、iPhone、イタリアもの。

URL:Twitter:@dskiwt

2010年11月20日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品