巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「カウチサーフィン」でウチに泊めて! 宿泊費無料の海外旅行が人気

ライター情報:山下敦子

カウチサーフィンのメンバー数は約250万人、カウチ可能数は117万人、日本人登録数は約12600人(2月6日現在)。

[拡大写真]

ヨーロッパや北米など、世界の旅行者が利用する人気のインターネット・ネットワーク「カウチサーフィン」(CouchSurfing)。簡単に言えば海外旅行者がサイト内のメンバープロフィールを見て「あなたのウチに泊めてください」と事前にお願いするというもの。ツアーを利用しない外国人旅行者や低予算で旅行がしたい若者にウケて、急速にメンバー数を増やしている人気サイトだ。

日本ではネットを通じて素性も知らない人を宿泊させるという行為に違和感を覚える人も多く、支持率は少ないが、メンバーだからといって宿泊リクエストを受け入れる義務は一切なく「泊めることはできないが会うぐらいならオッケー」を意味する「コーヒー オア ドリンク(Coffee or a drink)」の選択も可能だ。私も1年ほど前からメンバーで、様々な国の人と出会い大阪の街を案内してきたが、日本にいながらにして世界各地からの訪問者と話し文化のエクスチェンジができて面白い。「英語を話したい」「文化の交流に興味がある」という人にはお勧めだ。 

同サイトを使って世界各地を旅行している台湾人のヤン君は、アラスカのホストに会ってすぐ「僕は留守にするけど家は勝手に使っていいよ」と鍵を渡されて「いくらなんでも信用しすぎだろ?」と驚いたそうだ。ヤン君自身も世界各地でお世話になっているお礼として、ホストとして滞在先と食事を無償で提供しているという。私が案内した人の中にはイギリス東部ノリッチの市長さんやアメリカ人作家もいたが、普段聞けないような話が聞けて楽しかった。
関連キーワード

ライター情報: 山下敦子

映画字幕編集職を経て現在はフリーランスライター。カナダ滞在歴約5年。現在は大阪を拠点に活動し時々海外逃亡。

URL:http://www.geishaonthego.com/

2011年2月15日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品