巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

家に帰った途端クシャミが出るのはなぜ?

ライター情報:イチカワ

花粉の季節、外出の際にもきちんと対策を。

[拡大写真]

悩ましい花粉症シーズンで、不思議に思うことがある。
それは、外でマスクをしなくても平気だったのに、家に帰ってきた途端、玄関や部屋でクシャミが連発で出ること。外よりは確実に花粉の量が少ないはずなのに、どういうわけかクシュンクシュンと。
ノーガードで花粉を浴びまくったとはいえ、どうしてノックアウトが帰宅してからなんだろう?

その理由について、花粉症の研究をしている、相模原病院臨床研究センターに話を伺った。
「さまざまな要因があるので、どう答えていいか難しいんですけど、一番考えられるのは温度の変化なんですよ。温度の変化で鼻が刺激を受けたことによって、クシャミや鼻水が出るのが、一番多いと思いますね」

花粉症の人が花粉を吸うと、数分から数十分程度でクシャミや鼻水などが出て、しばらく症状が続くとされる。つまり家に帰ってすぐのクシャミの場合は、家の中の花粉に反応したっていうよりも、外で吸いこんでいた花粉が影響した可能性が高い。だから家に入るとき、たとえ食品工場並みに花粉をシャットアウトしても、帰宅直後のクシャミを抑えるのは難しいという。

ちなみに、店や乗り物に入ってすぐクシャミが出るのも、同じように温度変化によるところが大きいんだとか。空調が整っているだけに、症状が出やすい環境といえそうだ。

他にも、屋内に入ってすぐクシャミが出る理由がある。
「外で歩いていたあと、家の中で体を止めることで、症状が出るというのもあるでしょうね」

花粉症は、交感神経が活発に働いていると、症状が出にくくなるという。
関連キーワード

ライター情報: イチカワ

国語ができなかった理系人間が、何を間違ったか文章書いてます。好物=無理のないジョギング、坂のない自転車移動、重くない人間関係

2011年3月1日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品