巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

東京の新名物「ゆりかもめの玉子」

ライター情報:R&S
このエントリーをはてなブックマークに追加

「ゆりかもめの玉子」は四層構造。外からチョコ、カステラ、黄身あん、練乳。

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

3月初旬に、東京、お台場に行った。
水上バス、陸上バス、自家用車など交通手段はいろいろあるが、一番よく利用されるのは、運転士のいない電車「ゆりかもめ」だろう。そんなお台場で、「ゆりかもめの玉子」なるお菓子を発見した。

岩手に「かもめの玉子」という有名なお菓子がある。そのパロディ商品だろうか。名前だけ似ていても……と思いながら、とりあえず買ってみると、ナントこれがウマイ。どうやら、本家「かもめの玉子」と同じ、さいとう製菓の商品らしい。

どうしてこんな商品を? 販売を担当する「株式会社鴎の玉子」に聞いた。
「2009年に初めて行われた『東京タワーさんままつり』をきっかけに、東京都港区との交流が始まりました。港区とのつながりを模索したところ、都の鳥『ゆりかもめ』にちなんだ商品を作ることになったのです」
「ゆりかもめ」は乗り物の方じゃなくて、鳥の方だったのだ。それにしても東京都の鳥がゆりかもめだったとは、恥ずかしながら初めて知りました……。

さて、「ゆりかもめの玉子」、形や大きさは「かもめの玉子」とほぼ同じ。色はやや赤っぽくて、赤玉子のよう。「ゆりかもめ」と「かもめ」の違いはどこにあるのだろう。
「『ゆりかもめ』は、外側からチョコレート、カステラ生地、黄身あん、練乳の四層構造のハーモニーが楽しめます。幅広い年齢層に受け入れられる、親しみやしい懐かしい味にするために練乳を使った点と、甘さを引き締めるのに酸味の利いたフレーバーチョコを使った点が、『かもめ』との違いです。

ライター情報: R&S

登山歴20年の気象予報士。ガイドの資格を持つ。科学の実験ネタを得意とするが、手間をかけているわりに受けはイマイチ。最近、腰痛が少しよくなった。

2011年3月31日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品