巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

我が家の節電、効果はどのくらい?

ライター情報:R&S

キッチンの照明3つのうち、2つを間引いて1つに。

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

震災後の電力危機。季節が進んで冷え込みが緩んだこともあって、ここ数日は計画停電も行われていない(4月5日現在)。しかし、これから夏に向かって冷房需要が高まってゆく。あいかわらず節電が重要なのは、言うまでもない。

節電のワザがあちこちで紹介されているが、実際にどのくらいの効果があるのか。テスター、オシロスコープといった測定器を使って、また玄関口にある電力メーターの数字から、調べてみることにした。

1. 暖房器具
震災後、エアコンとこたつの使用をやめた。寒い日はガス床暖房を使っている。ガス床暖房も電気を使うが、エアコンに比べれば少ない。エアコン440W(ワット)+こたつ70W→ガス床暖房100Wとなり、1日5時間で2050Wh(ワットアワー)の節約。電気代を1000Whあたり21円とすると、月間1291円の節約。ただし、ガス代は増える。

2. 冷蔵庫
2ドアの小型タイプ。元々「中」で使っていたが、震災後「弱と中の中間」に変えた。庫内の温度を測ってみると、しばらく扉を開閉しない状態で、上段6.3℃、野菜室8.9℃。調理のため数回開閉した直後でも、上段7.4℃、ドアポケット上部10.0℃。食品の保存のめやす「10℃以下」を維持していた。消費電力は平均45W→42Wとなり、1日24時間で72Wh、月間45円の節約。

3. 照明
家にあった全ての白熱電球とクリプトン球を、LED電球または蛍光灯タイプに替えた。
関連キーワード

ライター情報: R&S

登山歴20年の気象予報士。ガイドの資格を持つ。科学の実験ネタを得意とするが、手間をかけているわりに受けはイマイチ。最近、腰痛が少しよくなった。

2011年4月6日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品