巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

1

じつはジャパンはクールじゃない……海外の本音

ライター情報:加藤亨延

ジャパン・エキスポに来場するコスプレをしたフランス人。

[拡大写真]

「クールジャパン」という言葉をよく耳にする。日本のアニメなどが海外でクールだと思われているというもの。しかし、ちょっと待って! 正直、日本ではアニメやアキバ系文化はクールと呼べるジャンルではない。本当に外国人は、それらを「クール!」だと思っているのだろうか? 

欧州でもっとも日本熱が高いと言われるフランス。パリでは「Paris Manga(パリ・マンガ)」と「Japan Expo(ジャパン・エキスポ)」という日本でいう“コミケ”のようなイベントが年2回開催されている。日本から著名な漫画家が招かれたり、AKB48やモーニング娘。もコンサートを行った。もちろんアニメのキャラクターのコスプレをしたフランス人も多く集まる。一見すると日本のアキバ系文化はとても人気があるように思えるが……。

「日本アニメは若い世代に文化として受け入れられてはいますが、メイドなどディープなアキバ系文化はクールだと思われていません。またフランス人の中には日本のサブカルチャーを見下している人が多いのもの事実です。ただし、一方で村上隆の作品を新鮮だと受け取る場合もある。今、フランスでの日本のイメージはどんどん変わっています」
 こう答えてくれたのはパリ第七大学で日本研究をしているトリスタン・ブルネさん。トリスタンさんによると、そもそもフランス人が日本を好きになるきっかけは、「変だから」という場合も多いそうだ。そんな日本文化の中で、別格に位置づけられているものがあるという。

ライター情報: 加藤亨延

ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。主な取材テーマは比較文化、および社会、政治。取材等での渡航国数は約60カ国。ロンドンでの生活を経て現在パリ在住。『地球の歩き方』フランス/パリ特派員ブログ

URL:http://tokuhain.arukikata.co.jp/paris/

2011年5月2日 10時00分

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    幼稚でキモいだけの二次元カルチャーをクールとか言われてもね・・・

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品