巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

どこへ進むか使い捨てカメラ

こうしてみると軽く小さく、充電切れの心配も少ないエコなやつです。

[拡大写真]

旅行先に行くと、観光客のカメラ所有率に驚かされる。中には本格的なカメラを持つ人もいるが、近年はデジタルカメラ、もしくは携帯カメラが大半だ。

しかし一昔前まだカメラが高級だった時代。今のデジカメに変わるのは、使い捨てカメラと呼ばれるレンズ付きフィルムだった。
日本人はカメラ好き。と、世界から揶揄されるが、確かにそうかもしれない。それにしても一世を風靡したレンズ付きフィルム。今のデジカメ・携帯カメラ全盛期に、いったいどうなっているだろうか。

レンズ付きフィルムが登場したのは1986年7月。富士フイルムが“写ルンです”を作り出したのが最初だそう。
使い捨てと言われるが、実際はその本体の9割以上がリサイクル可能なのだとか。

そんな使い捨てカメラの代名詞ともいえるこの写ルンですは、現在までに80種以上の機種が発売されたと言う。
その内容についてもパノラマ、望遠、接近、防水、ゴルフ、デートなどなど多種多様な用途や機能だ。時代の変化、求められるものなどによって使い捨てカメラはさりげなく進化していた。
現在は8種類が発売中で、「夜撮り」、「部屋撮り」など機能が特化したものが多い。
 
しかし機能が増えても、デジカメなどの選択肢が多い今の時代、購入層はそれに惹かれるだろうか。

周囲にきいてみると、実はこのカメラ、まだまだ需要が高いそう。
デジカメや携帯などの精密機器では持って行くのがためらわれる高所、高温多湿、または雪や水場などなど。
関連キーワード

ライター情報: のなかなおみ

いつか山の中に引きこもりたい大阪在住フリーライター。日々、野良猫との遭遇を楽しみに生きてます。

2011年4月30日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品