巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

二人の小学生が作るフリーペーパー

このエントリーをはてなブックマークに追加

左が「かなは記者」で、右が「さおり記者」。

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

こんな仕事をしておきながら何だが、子供の頃は作文が嫌いだった。というか、文章が嫌い。読むのも書くのもイヤ。教科書だってロクに読んでいなかったので、文章に触れる機会は「週刊少年ジャンプ」を読んでいる時だけ。その中でもセリフの字数が異様に多い『こち亀』を読むのは、本当に難儀だったし……。

そんな二十数年前の自分に、彼女たちの爪の垢を煎じて飲ませてやりたい。神奈川県横浜市都筑区仲町台で配布されているフリーペーパー『レッツゴー! 仲町台さんぽ』を製作しているのは、なんと小学6年生の女の子二人組らしいのだ。
彼女たちの名前は「かなは記者」と「さおり記者」。二人がフリーペーパー作りのすべてを担当している。取材、記事作成、写真、編集、レイアウト、印刷、配布……。すべてだ。

「若いうちの苦労は買ってでもしろ」なんて言葉があるが、ここまでやってのける子たちは滅多にいないだろう。そこで、伺ってみた。どうしてフリーペーパーを作ってみようと思ったのか。そのきっかけは?
「仲町台にあるカフェ『マローンおばさんの部屋』(地域活動支援センター)で、お母さんがお手伝いをしています。そのカフェの施設長が『障がいを持った人も、この仲町台で働けるようにしたい』と言っていました。だから、色々なお店の紹介をして仲町台の良さを知ってもらいたいと思い、フリーペーパー作りを始めました」(かなは記者)

そう。このフリーペーパーは、一種のタウン誌のような内容となっている。

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2011年6月20日 10時00分

注目の商品