巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

話題の離婚式に専用ドレスが誕生

このエントリーをはてなブックマークに追加

菊科の花ユリオプスデージーをモチーフにした離婚式専用ドレス

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

夫婦の円満な旅立ちを演出する「離婚式」については、このコーナーでたびたび取り上げてきた。その影響もあってか!? テレビなどメディア露出も徐々に増えている様子。それにつれ、世間的にネガティブな印象しかなかった“離婚”の二文字のとらえ方にも変化の兆しが見えているように思える。そんな離婚式の仕掛け人で日本最初の離婚式プロデューサー・寺井広樹氏が、今度は離婚式専用ドレスなるものを開発した。

離婚式では、新郎新婦に対抗して“旧郎旧婦”、仲人に対して“裂人(さこうど)”などと呼ぶ。また、式のクライマックスには夫婦の最初の共同作業であるケーキカットに対抗して、夫婦最後の共同作業として結婚指輪をハンマーでかち割るなど、結婚式のある種パロディ表現を用い、暗くなりがちな夫婦の別れを少しでも和やかな気持ちで迎えてもらおうとの趣向が仕組まれている。

そんな中で、離婚式を申し込んだ夫婦や式の参列者からはどんな服を着ていけばいいのかとの問い合わせが寺井氏の元に多く寄せられていた。「晴れ着姿の方もいれば、“結婚のお葬式”と捉えて喪服の方もいたり、それこそまちまちでした」という。そこで、これまでに80組近い離婚式をプロデュースしてきた寺井氏がイメージする離婚式にふさわしい衣装を用意すべきだと考えたのだった。

衣装のデザインは、テレビ番組「ASAYAN」などで注目を集めたファッションデザイナー・ご・あきうえ氏に依頼。離婚式は“素”の世界であるとの寺井氏の意向を織り込み、花言葉が「夫婦円満」である菊科のユリオプスデージーをモチーフにした離婚式ドレスを完成させた。

ライター情報: 足立謙二/studio woofoo

大手通信社を経てフリーに。特撮・鉄道・ゲーム・昭和レトロなど古典的オタク分野に“わりと”精通。

2011年7月3日 10時00分

注目の商品