巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

筋肉が使われているか知らせてくれるセンサー

脳から上手な信号が出ているか? その確認をするのが、この装置。

[拡大写真]

一時期、自身に筋トレ(腹筋)を義務付けていたことがある。一日、それこそ100回近く。しかし、疑問だった。自分のトレーニングが。なぜなら翌日、筋肉痛となって苦しくなるのが腿だったり腕だったりするのだ。おかしいな……。

きっと、私の腹筋の方法がトンチンカンだったのだろう。だけど、あんなに頑張っていたのに腹筋に効いてなかったならば、悲し過ぎだ。トレーニングは、できるだけ効果的に行いたい。当然の話です。

そんな時は、これがあれば効果的! 福井県の「身のこなしラボラトリー」が昨年末より発売している『マッスルアライブ』は、自分が「鍛えたい!」と思う筋肉の部分に貼り付けることで、本当にその筋肉が働いているかを音と光で知らせてくれるセンサーなのである。

使い方は簡単。たとえば腹筋トレーニングをしたい場合は、腹筋部分にこの装置を貼って1回2回……と、筋トレ運動をしてみる。
その時、本当に腹筋に効いていたらセンサーから音が鳴るし、光も点滅する。しかし、筋肉が使われていなかったら、センサーの反応は無し。

もう少し詳しく説明すると、『マッスルアライブ』は、まず「こうなりたい!」という目標値を設定してから筋肉運動に取り組むのが正しい順序だ。
まず、目標の10~20パーセントが達成されると低い音が鳴り始める。これが20~40パーセントの領域に入ると音階もアップ。40~60パーセントに入ると、もっと音が高くなって……。音の間隔も「ピッ、ピッ、ピッ、ピッ」とゆっくりだったのが、段々「ピピピピピ」と速く鳴り出す。

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2011年7月13日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品