巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

麺のゆで時間、どこから計るのが正しいの?

ライター情報:ミドリ

麺類の袋に書いてある標準のゆで時間、どう解釈していますか?

[拡大写真]

うだるような暑さが続く今年、そうめんやそば、冷やし中華などの冷たい麺類がみなさんの食卓にのぼっていることだろう。手軽さも手伝って、我が家でも3日に一度はお昼ご飯に麺類をチョイスするようになった。そんなある日、ふとした会話から、母が麺をゆでるとき、入れた直後ではなく再沸騰したところからゆで時間を計っていることを知り、驚いた。私は何の疑いもなく、麺を入れてすぐに計り始めていたのだが、ひょっとしたら私が間違っているの? そこで、みなさんはどこから計っているのか、また正しい計り方はどちらなのか、調べてみることにした。

まず、友人ら20人に聞くと、「(1)麺を入れてすぐに計り始める」と回答した人は12人、「(2)再沸騰してから計り始める」は8人だった。(1)は若い人が中心で、(2)は50代より上の人に多い傾向があった。

さて、どちらが正しいのか。うどん・そば・中華麺(生麺・乾麺・半生麺など種類はさまざま)を製造販売している大手メーカーや地方の中小企業など、会社計10社に聞いた。すると、全国展開する大手を含む7社が、「(1)麺を入れてすぐに計り始める」と回答。「(2)再沸騰してから計り始める」と回答したのは、地方に拠点を置く3社のみだった。『標準ゆで時間』の計り始めは会社によっても違うことが分かった。それでも主流は、麺を入れてすぐに計り始める方法なのだろうか。

麺類を扱う会社で作るいくつかの全国組織に聞いてみたところ、「全国乾麺協同組合連合会」から有力な情報を得た。
関連キーワード

ライター情報: ミドリ

身近な自然、生活情報が気になる気になる。元新聞記者。好物=山、雪、ドライブ、ピアノ、おいしいお米といくら、りんご

2011年7月22日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品