巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

トイレの水量「大」「小」、どれだけ違う?

ライター情報:田幸和歌子

このエントリーをはてなブックマークに追加

男性が小用を足した際やお掃除の際などに使える「eco小」ボタン(3.8L洗浄)を設置し、用途にあった最適な水量での洗浄を可能にした「ネオレスト」。

[拡大写真]

水洗トイレの水量をあらわす「大」と「小」のボタン(あるいはレバー)。あれって、大小でいったいどのくらいの差があるのか、気になったことはないだろうか。
場合によっては、大であっても「小で十分流れるんじゃ?」というときもありそう。
TOTO広報部に聞いてみた。

「いろいろなタイプのトイレがあり、水量も異なりますが、TOTOの最新タイプのものの場合、『大』で4.8L、『小』で4.0L、その他に『エコ小』の3.8Lとなっています」

最新タイプでは水量が3段階に分かれているようだが、「小」「エコ小」の使い分けって?
「『小=男性用』と思って、使っていない方もいるかもしれませんが、実は『小』は女性用の小なんですよ」
「小」と「エコ小」の違いは、紙を使っているかどうか。紙を使わない男性の小のほうは、少量の水で良いということだそう。

さらに、意外だったのは、自動トイレでも流れる水量は異なるということ!
「今は人が離れた瞬間に自動で流れるトイレもありますが、自発的に最適な水量を選ぶようになっているんですよ。センサーの判断基準は、『座っている時間』と『立っているか座っているか』。座っていない場合は、男性用小(エコ小)とみなし、一定時間(30秒)以上座っている場合は『大』、それ以下の場合は『小』とみなします。「エコ小」はお掃除の後の洗剤を流す水にもお使いいただけます」

「大」の用を足したとき、小でも流れるのでは? という問いには……。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2011年9月20日 10時00分

注目の商品