巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

ライバルは餃子!? “Karaage”から世界平和を願う『日本唐揚協会』を直撃

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本唐揚げ協会の安久会長(右)&八木専務理事(左)。唐揚げと笑顔が眩しい。

( 1 / 4 )

[その他の写真を見る]

最近、とても気になる団体がある。その名も、日本唐揚協会。
ウェブサイトもすごく充実している! 「何者?」と、この団体が気になってしまい、早速、直撃した。快く取材に対応してくれたのは、日本唐揚協会の専務理事である八木さん。

……最初から打ちのめされた。

「唐揚を食べると、皆さん笑顔になります。ワクワクする気持ちを持ちます。それを普及させることで、世界の平和に繋がれば。その想いをもって、唐揚げ普及活動をしています」

このように八木さんが語る通り、日本唐揚協会とは、唐揚を通して世界平和を実現しようとしている団体。他の協会のように、加盟店制度を取るわけでもないため、利益を求める団体ではない。本当に唐揚が好きな人たちが集まり、この想いをもって活動しているのだ。

そもそも、唐揚げは日本独特のもの。中国料理というイメージがある方もいるかもしれないが、戦後の食料難に備えて、政府が採用した“養鶏場を作る”という政策に由来する。
そのために、鶏がたくさん育ち、美味しい食べ方が色々な形で発展した。食卓に多く並ぶようになったのも、ここ30年~40年のこと。

多くの養鶏場があった大分県北部では、特に唐揚げを愛する文化が根付いている。大分県中津市では、市内に60店以上の唐揚げ専門店が並んでいる。鶏の唐揚げの「聖地」として全国の唐揚げファンから支持されていることでも有名である。ちなみに、この中津市では、唐揚げ専門店が60に対し、コンビニは30店舗程しかないというから驚きである。
関連キーワード

2011年10月28日 10時00分

注目の商品