巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

2月29日は「円満離婚の日」

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらは、記念日登録証。2月29日(2人に福あれ、円満離婚)です。

[拡大写真]

皆さん、「離婚式」なる試みはご存じでしょうか? もはやメジャーと言っても過言ではない、お馴染みのセレモニー。
内容は、まさに「結婚式」の逆バージョン。ふたりの出会いから別れまでの写真をスライドショーで流したり、ふたりが一緒に結婚指輪をハンマーで叩き割るなど、別れを再出発としてポジティブに考えるために開催するものだとお考えいただきたい。

そして、またもや離婚に関する新たな展開が! どうも、新たな記念日が制定されたらしいのだ。その名も「円満離婚の日」。しかも4年に1度、2月29日である。

この記念日を日本記念日協会に申請したのは、“離婚式プランナー”の寺井広樹氏。
「円満離婚って、数ある離婚の中でも珍しいケースなんですね。ですので、4年に1度くらいが丁度いいのかな……と、考えました(笑)」(寺井さん)
他にも、理由はある。かつてのイギリスでは、この日だけ女性から男性へのプロポーズが伝統的に公認され、男性はそれを断わることはできないとされていたそう。そのような日に「夫婦の絆」や「結婚・離婚の本質とは何か」を改めて考えるきっかけになれれば……。そんな深い思いが込められたからこその、2月29日である。

また、このような記念日を申請したのには直接のきっかけがあったという。
「離婚式を挙げに来るご夫婦は、やはり円満離婚のケースが多いんですね。そうなると、離婚をする日取りにこだわる人も多くなってくるんです」(寺井さん)
「いい夫婦の日(11月22日)」に結婚するカップルがいるのだから、「円満離婚の日」に狙いを定めて離婚するカップルがいたっておかしくない。
関連キーワード

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2012年1月24日 10時00分

注目の商品