巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

リアルな中学生に50年寄り添ってきたあの超長寿番組『中学生日記』がついにフィナーレ

ライター情報:鶴賀太郎

このエントリーをはてなブックマークに追加

普段はNHK名古屋で撮影が行われる「中学生日記」ですが、こちらの写真は徳島県鳴門にロケに行ったときの生徒さんたちとの思い出の写真です。

( 1 / 4 )

[その他の写真を見る]

NHK「中学生日記」が50年の歴史に終止符を打ち、今晩(3/16午後7:25~8:25:Eテレ)シリーズ最終回を迎えます。

1962年に「中学生次郎」という番組名で始まり、1972年から現在の名称になった「中学生日記」、あらためてどんな番組だったのでしょうか。

2001年から2003年まで若宮飛鳥先生役を演じ、現在人材教育会社を経営されている佐藤久美さん(芸名:佐藤満月)に思い出を伺ってみました。

―― 「中学生日記」といえばリアルな中学生の生活が描かれていることで有名でしたね。

「番組を支えてきたのは公募で選ばれる『日記生』と呼ばれる出演者の中学生でした。出演者といっても普通の中学生ですから授業との両立が前提です。だから応募は(撮影の行われる)NHK名古屋の近郊に住んでいる生徒に限られていたんですよ」

―― なるほど、木本花音さん、古川愛李さんとSKE48のメンバーが生徒役で出演されていたのは名古屋で収録されていたからなんですね。

「はい。でもどのような子でも主役をやるのは1回だけってルールが決まっています。また夏休みになるとロケで地方に行って、そこの生徒たちが出演する回もありましたね。私のときは徳島県の鳴門へ行って撮影をしたことがありましたよ」

「スタッフもリアルな中学生の姿にこだわって制作していました。15人程度いるディレクター陣には実際の教育現場の先生方と密に連絡を取り合っている方もいらして、その時々実際に起きていることを番組に反映させるようにしていましたね」

「かなり過激なテーマを取り扱ったこともありました。
関連キーワード

ライター情報: 鶴賀太郎

ライター/マーケティング・イベントプランナー。
国内外の著者インタビュー、映画監督インタビューを得意とする。グアム国際映画祭、茅ヶ崎映画祭にも関与。

URL:http://mywifescamera.blogspot.com

2012年3月16日 10時00分

注目の商品