巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

これが正式? 中華料理の英訳

そばかすのある女性……だと……?

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

世界的に注目を集める中国だが、注目を集めすぎた結果、こまった事態がひとつ、起こっていた。

国際化が進む首都、北京において、英語メニューを用意する中華料理店が日に日に増えていたのだが、外国人にとっては、なんのことやらよく分からない英訳になっていたところが多かったようなのだ。

一例をあげると、「麻婆豆腐」の英語名が、「Tofu made by woman with freckles(そばかすのある女性が作った豆腐)」。気持ちは分かるが、ちょっと注文する気になれない。

この話、笑い話のように聞こえるが、例えば日本においても、「大根と水菜のハリハリサラダ」や「びっくりフライドポテト」などのメニューを外国人に説明するとき、なんと英訳したらよいのだろうか。同じ漢字文化を持つ日本としては、意外と、人ごとではない。

そんな状況の中、北京市はこのたび、「美食翻訳中国語メニュー英文訳法(美食訳苑 中文菜単英文訳法)」なる本を発行し、英訳の統一に向けて本格的に動き出した。この本を元に、中華料理における 「正しい」英語メニューを紹介してみたい。

ちなみに、「美食翻訳中国語メニュー英文訳法」は、文末に掲載する北京市のホームページからダウンロード可能なのだが、中国4000年の歴史を一冊の本にまとめただけあり、そのファイルサイズはおよそ600メガバイトであり、閲覧するためにはちょっとしたOSのアップデートよりも時間がかかるため、ご注意いただきたい。

まず、この本の冒頭に述べられている、英訳方法の基本は以下のようなものである。

1.メインとなる食材に、配合されている食材、またはソースを書き添える。例えば、松の実にシイタケを意味する料理であれば、「Chinese Mushrooms with Pine Nuts」。

2.調理方法に、食材を書き添える。例えば、豌豆辣牛肉(豌豆はエンドウ豆、辣は辛い)であれば、「Sauteed Spicy Beef and Green Peas」。
関連キーワード

ライター情報: エクソシスト太郎

フリーライター。
好物:巻き寿司、仙台、日之内エミ。

2012年6月6日 07時00分

注目の商品