巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

大人になってラジオ体操をしたときの、意外な疲労感

腕を前から上にあげて大きく背伸びの運動から!

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

夏の風物詩である、ラジオ体操。今年の夏休みも、全国の広場であの体操風景が見られることであろう。

小学生の夏休み以来、ラジオ体操からは遠ざかっていた筆者であったが、先日、友人と泊まりがけの旅行に行った際、なぜか「ラジオ体操第一」を着うた保存している友人がおり、朝にラジオ体操をやってみたところ、予想外に疲れ、おどろいた。

小学生の頃は、全然疲れなかったどころか、筆者が所属していた子供会においては、「ラジオ体操後に公園を一周走る」という暗黙のローカルルールが存在していたくらいである。体力の衰えをひしひしと感じる一方で、ラジオ体操が「体操」であることを実感したのだが、実際、ラジオ体操をまじめにやると、どれくらいのカロリーを消費するのだろうか?

ラジオ体操の普及に努める、NPO法人全国ラジオ体操連盟ホームページには、ウォーキングなどの運動とラジオ体操の消費カロリーの比較が掲載されている。これによると、ラジオ体操は、速いペース(毎分90〜100メートル、15分で57キロカロリーを消費)でウォーキングを行ったときと、同じ程度のカロリーを消費する運動であるらしい。ラジオ体操は第一、第二合わせて6分ちょっとであるので、その消費カロリーは、23キロカロリー程度であると思われる。

カロリー的にもなかなかのものだが、ラジオ体操は、「十三種類の運動によって全身を動かし、ふだんの生活では使用しない筋肉や関節、骨に影響を与える」ものであるとのことであり、特に大人になり、普段歩いたりパソコンを打ったりするくらいの運動しかしない現代サラリーマンの場合、疲労感が全身にわたるものと思われる。
関連キーワード

ライター情報: エクソシスト太郎

フリーライター。好物:巻き寿司、仙台、日之内エミ。

2012年6月21日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品