巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

アメリカの「たけのこの里」がエレガントな件

このエントリーをはてなブックマークに追加

これがアメリカ版「たけのこの里」。

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

アメリカに住んでいる知人から、「スーパーで、『たけのこの里』をみつけたんだけど、どうも、『たけのこの里』っぽくなくて、ホントに『たけのこの里』なのか、調べてもらえないだろうか」という、意味不明な連絡を受けた。

詳しく事情を聞いてみたところ、彼は、スーパーのお菓子売り場を徘徊していたところ、
「チョココーンズ(CHOCOCONES)」というお菓子を見つけたのだそうだ。

そのお菓子は、「Meiji」という会社から販売されており、パッケージに書かれているお菓子は、まぎれもなく「たけのこの里」なのだが、「パッケージが、俺が知ってるたけのこの里とイメージが違う」というのである。

たけのこの里といえば、株式会社 明治が販売する、いわずと知れた国民的お菓子であり、のどかな山村風景が描かれた、ほのぼのしたパッケージがトレードマークになっている。ところが、「チョココーンズ」の場合、落ち着いた赤色をテーマカラーとした、エレガントな感じのパッケージになっているのである。たけのこの里の身に、一体何が起こったのだろうか?

株式会社 明治に問い合わせてみたところ、「『たけのこの里』は、日本では主に10〜20代の若い方に買っていただいておりますが、アメリカでは20代の大人を主なターゲットにしており、ファッショナブルで格好よいパッケージを企画した経緯があります」とのこと。

日本の製品が外国で販売される際、製品名が変わることがたまにある。

ライター情報: エクソシスト太郎

フリーライター。好物:巻き寿司、仙台、日之内エミ。

2012年7月17日 07時00分

注目の商品