巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

カンボジアの人気キャラ、“アングリーバード”って?

アングリーバード風船を子供がお祭りで販売中

( 1 / 9 )

[その他の写真を見る]

日本だと、仮面ライダー、ハローキティ、ポケモン、アメリカだとトムとジェリー、バットマン、サウスパークなど、昔から様々な国で、様々なキャラクターがブームとなり商品化されてきました。

さて、カンボジアはどうかと言うと、実は自国産の人気キャラクターはまだまだ出てきておらず、海外からの人気キャラクターがテレビやインターネットを経由してこちらに流れ込んできています。
それらの主な理由として、長らく続いた内戦が原因で、マンガ、テレビ、映画、ゲーム等など、様々なメディアの浸透、登場が遅れてきたことが影響していると思われます。

そんな中、近隣諸国から輸入されてきた様々な人気キャラクター商品もだんだんと増えており、ローカル市場に行くと様々な商品が販売されています。過去に遡ってカンボジアで流行った人気キャラクターを思い出してみると、トムとジェリー(今も変わらず人気)、花より男子(こちらでは台湾リメイク版が放送されていたため有名)、ベンテン(Ben10、アメリカのアニメ)、ハローキティ(今も変わらず人気)、そして最近だとアングリーバードと続いています。

そのアングリーバード、ご存知の方も多いとは思いますが、フィンランドのロビオモバイル社が2009年12月よりアイフォン向けにアプリゲームとして開発、その後アンドロイドやパソコンでも発表され、現時点にて世界で12億ダウンロードもされたと言う恐るべきゲームなのです。

そのアングリード、1〜2年ほど前から、カンボジアにも流れ込みはじめ、現在もローカル市場で幅を利かせています。

2012年10月2日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品