巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

関東にカープファンが多い理由は、『Capital』にあり?

「Capital Vol.6」――カープ愛あふれるフリーペーパー。内容も盛りだくさん!

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

15年ぶりのAクラス入りが期待された広島カープ。9月に入ってからチームの成績は下降してしまったものの、ファンの熱は冷めていない。地元・広島のファンだけでなく、関東のファンが多いのもこのチームの特徴。今季で引退を発表した石井琢朗選手のブログに、“東京カープ”なんて言葉があったのを思い出す。

そんな関東のカープファンを盛り上げているうちの一つに、『Capital』というフリーペーパーがある。関東のカープファンにはお馴染みだろう。Capitalとは、英語で首都圏を意味する“capital”とカープの“C”を意味している。首都圏のカープファンのためのフリーペーパーであり、制作しているのはカープファンの大学生。今回は、Capital編集部に取材を敢行した。

■ “関東のカープファン”を繋ぎたい、繋がりたい! 活動のきっかけは?

活動の始まりは、2009年の春。東京ドームで売り子をしていた創設者の高場ゆみさんと水永成美さんが知り合い、カープファン同士意気投合。同年の11月下旬、シーズンも終わったころに、カープグッズとカープファンでいっぱいのお好み焼き店に行き、オフの東京でもカープを楽しめる方法について考えていたという。

当初はオリジナルグッズを作ろうとしていたが、次第にシーズン中に何度も感じたカープファンのアツさに話が。どうせなら自分たちだけでなく、関東カープファンみんなで楽しみたい! もっと繋がりたい! と、関東カープファンのためのフリーペーパーの制作を決意。

2012年10月5日 10時15分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品