巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

エンディングノートが若者に注目されている現状

ライター情報:味噌汁

エンディングノートは法的効力を持たないが、だからこそ、自由に自分のセンスで作成することができるというメリットがある。

[拡大写真]

「エンディングノート」は和製英語だが、訳せば「最期の記録帳」といった感じであろうか。自分の人生の記録や、残された人に向けたメッセージや連絡先などの必要事項を書き記したノートのことだ。今までは主に高齢者が自身の終末期に書くようなものであったようだが、最近、若い人向けのエンディングノートに注目が高まっているそう。特に震災後から若い世代も「万が一」のことを意識し始め、売れ行きも良いのだという。

そもそもエンディングノートを書くメリットとはなんだろう。主に3つほど考えられるのではないだろうか。

1.連絡先や知らせておきたいこと、大事な書類の場所など、本人にしか分からないことを書いておけば、いざという時に家族の負担が軽くなる。
2.どんな友達がいたか、どんなイベントや出来事があったか、どんな所に住んできたか、どんな家族がいるかなど自分の人生を振り返るのに非常に便利。
3.面と向かっては照れくさくて言えなかったようなメッセージをエンディングノートに残しておくことで死後、家族の悲しみを癒す効果がある。

エンディングノートは法的効力を持たないが、だからこそ、自由に自分のセンスで作成することができるというメリットがある。まず購入したら構えないで、とりあえず書いてみよう。今回は、未来に残すエンディングノート編集委員会の萱島さんにお話を伺ってみました。

――「エンディングノートのバリエーションが増えてきました。書き込んでいる事自体が楽しくなるようなページのあるものが人気ですね」
今までエンディングノートと言えば、葬儀の事や遺産などの事がメインのものが大半であった。

ライター情報: 味噌汁

気づいたらライターになっていました。螺旋階段だけは苦手です。

2012年11月7日 08時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品