巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

くまモンが初の写真集を発売! 温泉に入ってタコを獲って、おてもやんに囲まれて……

このエントリーをはてなブックマークに追加

くまモンの旅は熊本城からスタート。映っていないが、くまモンのまわりはファンの皆さんでいっぱい

( 1 / 7 )

[その他の写真を見る]

「くまモン」
熊本県のマスコットキャラクターであり、言わずと知れた人気者である。2011年の関連グッズの売り上げは25億円を超えたという。そのくまモンが、初の写真集「くまモン、どこ行くの?」(飛鳥新社)を出版。全て撮りおろしで、オールカラーだ。今日は、編集を担当された石橋淑美さんに撮影秘話を伺った。

――「くまモン」の写真集は、どういう内容ですか?
「仕事でお疲れ気味のくまモンが一人(一頭?)旅を敢行。熊本県内のさまざまな場所に出没して、新しいお友達をたくさん作ってリフレッシュして帰ってくるという内容です。単に写真を並べたものではなく、ロードムービーのような流れがあります」

――くまモンも、リフレッシュできて良かったですね(笑)。写真も綺麗で、面白い写真が多かったです!
「撮影は、写真家の浅田政志さんにお願いしました。浅田さんの写真集『浅田家』のように、変わり種の写真集が好きだったので、浅田さんがくまモンを撮影したら、面白い写真が撮れるんじゃないかと思いまして、そしたら全くその通りになりました」

――石橋さんから見て、くまモンの魅力はどこにあると思いますか?
「とにかく動きがユニークですね。コミカルかつ軽快な動きに惹かれちゃいます。地元の方の話では、くまモンが誕生した頃は、体が大きくて黒いから怖がっていた子どももいたようですが、動きが面白いことが話題になって、いつしかファンになっていった子が多いようです」

――確かに、くまモンは手が短くて、どこか小刻みに動いているイメージがありますね。

ライター情報: やきそばかおる

テレビやカルチャーにまつわる雑誌や書籍の仕事に携わったり、動物の写真を撮ったり、焼きそばを作ったり、消しゴムはんこを彫ったり……の楽しい毎日です。

URL:https://twitter.com/yakisoba_kaoru

2012年11月22日 07時30分

注目の商品