巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「意識高い系」は病気なのか?

ライター情報:鶴賀太郎
このエントリーをはてなブックマークに追加

『「意識高い系」という病 〜ソーシャル時代にはびこるバカヤロー』(ベスト新書)。一見「意識高い系」を揶揄する「あるある本」に見えるが、働き方やそれを支える社会について考えさせられる本だ。

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

「もっと意識を高く持ちなさい」
そう言われて育った人も少なくないだろうが、今「意識高い系」は揶揄の対象になっているという。それどころか「病」だという人までいる。

今月『「意識高い系」という病 〜ソーシャル時代にはびこるバカヤロー』を上梓し、『現代用語の基礎知識 2013』の就活関連ページで「意識の高い学生」というタームの解説をしている人材コンサルタントの常見陽平さんに話を聞いてみた。

「『意識高い系』というのは数年前からネットスラングになっている言葉で、セルフブランディング、人脈作り、ソー活、自分磨きに前のめりになっている若者たちのことをいいます。彼らはやたらと自分を大きく見せたがり、SNS上で活動をアピールするという特徴があります。病気は言い過ぎかも知れませんが、かなり残念な存在ですね」

常見さんによると「意識高い系」の人はやたらと学生団体を立ち上げたり、SNS上のプロフィールを「盛っ」たり、意識の高い発言を繰り返したりするという。しかし、多少前のめりになるのは若者の特権なのでは?

「意識を高く持つこと自体は悪くありません。でも揶揄されるのはいわば『意識高い系(笑)』とでもいうような人たちで、彼らの行動はすべて自己アピールです。『こんな著名人とディスカッションをしたことのあるオレってすごくね?』ということをSNS上で言いたいがために、セミナーで本題とは関係のない自分本位な質問をしてきたりします。
関連キーワード

ライター情報: 鶴賀太郎

ライター/マーケティング・イベントプランナー。
国内外の著者インタビュー、映画監督インタビューを得意とする。グアム国際映画祭、茅ヶ崎映画祭にも関与。

URL:http://mywifescamera.blogspot.com

2012年12月21日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品