巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

メンタリズムと『気づき』の能力をビジネスシーンに活かす

ライター情報:dskiwt

(株)ハイブリッドコンサルティングCEO・吉山勇樹さん(中央左)とメンタリストDaiGoさん(中央右)。
番組のパーソナリティ・井手隊長(右)と、アシスタントの森見春菜さん(左)。

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

先日、Ustreamのトーク番組「ラーメンミュージシャン井手隊長の『今3時? そうねだいたいね』」内で、メンタリストDaiGoさんと、(株)ハイブリッドコンサルティングCEO・吉山勇樹さんによる対談が行われた。パーソナリティを務める井手隊長が、吉山さんの著書『今を変えるための気づきの手帳』の版元、あさ出版の宣伝担当でもあることから吉山さんがゲストに登場。「本書で書かれていることと、メンタリズムの手法には共通点がある」と吉山さん。そこでメンタリストDaiGoさんを招いての対談が実現した。

吉山さんは、企業の人材育成や業務改善のコンサルタントとして活動している中で、成果をきちんと出しているビジネスパーソンは、上司の指示の意図に気づく、身の回りの変化に気づくといった「気づき」の能力が高いことに着目。

「気づくことで意識が変わる。意識が変わると行動が変わる。行動が変わると成果につながる」−−著書『今を変えるための気づきの手帳』では、そういったできるビジネスパーソンの「気づき」を「100のポイント」に落とし込んで紹介されている。

DaiGoさんが提唱している「メンタリズム」とは結局何なのか? DaiGoさんの著書『これがメンタリズムです』(幻冬舎)から引用すると、「超能力や霊能力と言われる超常現象を、科学やさまざまなロジックをトリックと結びつけ再現してみせるパフォーマンス」、“技術”のこと。ここでいう「科学やさまざまなロジック」のひとつを具体的に挙げると「観察力」であると本書。

ライター情報: dskiwt

関心あるモノコト:コーヒー、ビール、おにぎり、パン、本、本屋、映画、カメラ、時事英語、MacBook Air、iPad、iPhone、イタリアもの。

URL:Twitter:@dskiwt

2013年2月7日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品