巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

美大生が1人で作った新宿の巨大地下地図「新宿地下考現学」

このエントリーをはてなブックマークに追加

「このあたりを調べていくのが大変で…」と説明してくれた志田さん。(手だけのご出演)

( 1 / 9 )

[その他の写真を見る]

ありそうでなかったもの。その一つが、新宿の巨大な地下の道の全体が見渡せる地図だ。それを1人で作り上げた美大生がいる。名前は志田成美さん(東京藝術大学大学院 美術研究科)。修了制作展で巨大な手作り地図「新宿地下考現学」を展示したところ、地図ファンを中心に話題に。果たしてどのようにして制作したのか、志田さんにお話を聞いてみた。

――非常に大きな地図ですね!
「タテ2.2m、ヨコ3mです。布地のキャンバスに書きました」

――なぜ、巨大な地図を作ろうと??
「新宿の広大な地下道は、東は新宿三丁目、西は新宿公園までつながっているのですが、百貨店等の地下施設の連続であるため、それぞれの利害が絡んで、1枚にまとまった地図がなかったんです。それで作ろうと思ったのと、私は小さい頃からずっと新宿で育って、自分でも地下の道にもっと詳しくなりたいという気持ちもあって作りました」

「生まれも育ちも新宿」と聞いただけで、なんだかカッコイイではないか。志田さんは新宿が大好きだそうで、地図を通じて新宿の良さを再発見していただけたら…とも語っていた。

しかし、こんな大きな地図をどうやって作っていったのだろうか?早速、聞いてみた。
「まずはエリアを分けて、ひたすらメモをしながら調査しました。一度歩いただけでは分からないので、何度も追加調査を重ねましたね。その後は地図をデータ化する作業をしまして、業者さんにお願いして布地のキャンバスに出力した後、布地に直接書けるダーマートグラフで文字を書きました」

――ひょっとして、文字を書き間違えたらアウトなのでは!?
「そうなんです!砂消しでは消えないので、字を間違えたら消せません。
関連キーワード

ライター情報: やきそばかおる

テレビやカルチャーにまつわる雑誌や書籍の仕事に携わったり、動物の写真を撮ったり、焼きそばを作ったり、消しゴムはんこを彫ったり……の楽しい毎日です。

URL:https://twitter.com/yakisoba_kaoru

2013年2月6日 07時30分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品