巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

沖縄在住の一般女性によるセクシー写真は、病児とその家族のために

表紙はコレ! つかみはOKだ

( 1 / 3 )

[その他の写真を見る]

以前、コネタで「セミヌードが眩しい、沖縄消防士による筋肉美カレンダー」という記事をお送りしたことがある。沖縄県内の民間救急ヘリコプターを運営するNPO法人を援助する目的で発売された、妙にセクシーなカレンダー。必見の写真が満載なので、是非とも過去記事をご覧いただきたいのです。きっと、損させないから。

そして、今回は被写体が女性のものを。待望してました。「沖縄パワーガールズ」が制作した『OKINAWA Power Girls Photo Collection』が、必要以上にセクシーなのです。
「ビキニやボクシングスタイル、バイクのハーレーをバックになど、様々な写真が掲載されています」(「沖縄パワーガールズ」代表・安仁屋さん)
他にも男物のシャツを羽織ったお馴染みの格好だったり、ストッキングを穿いている瞬間の光景、クッションでバストを隠しているショットなど、見逃せないフォトばかりがこれでもかと……。

それにしても、なぜこのような写真集を制作したのか? その前にまず、沖縄で活動している「わらびの会」について説明させてください。
「沖縄のこども達が安心して十分な医療を受けられるよう、病児やその家族を支援するために病児のお父様、お母様たちにより設立された会です」(安仁屋さん)
2005年に設立された同会は、離島や遠方から治療・入院する病児と家族が滞在できる「がじゅまるの家」を運営していたり、「沖縄県立南部医療センター・こども医療センター」設立に尽力したり、様々な運動に10年近く取り組んできている。

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2013年5月19日 07時30分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品