巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

ドイツ人は日本のビールが好きか?

ライター情報:羽石竜示
このエントリーをはてなブックマークに追加

ドイツのクラインガルテンの畑と小屋

[拡大写真]

ビールの本場といえばドイツ。ドイツ人が大好きな飲料といえばビールであろう。ところで、彼らは日本のビールの味をどう思っているのか。実際に日本ビールを飲んだことのあるドイツ人に意見、感想を聞いてみることにした。

まず、親日家で20年以上に渡って日本と関わってきたドイツ人の話しを紹介しよう。

「日本に移住したとき、一番違和感がなかったのは実は日本のビールの味だった。『サッポロビール』の自動販売機には当時、縞模様のマークが付いていて、その色が“黒・赤・金”(ドイツの国旗の色使い)だったので、余計に親しみを感じたのもよく覚えている。明治時代にドイツからビールの醸造法を学んだからだろうと思った」

「それと比べて、アメリカに渡って飲んだアメリカのビールは“洗い水”(味が薄くてビールではない感じ)としか思えなかった。あ・ら・い・み・ず……とにかくマズイ!」

「『アサヒスーパードライ』を87年の発売から今日まで、日本に行くたびに好んで飲んでいる。ただ正直、日本に住んでいたとき、日本のビールの値段がドイツよりも5~6倍も高かったのが不満だった。ここ25年間で約2.5倍に縮んだが、それでもまだ日本のビールの値段はドイツから見れば高すぎる!」

ほかにも、日本のビールを飲んだことのあるドイツ人の声を集めてみた。
・サッポロビールが一番好き。頭痛になったことがない
・アサヒスーパードライが一番だと思う。サッポロはいまひとつ
・日本で一番エリートのビールはやっぱりエビス
・エビスのビアミュージアムに行ったら、日本の白ビールが飲めるけど、あまり気に入らなかった
・『アサヒスーパードライ-ドライブラック-』は好きではないが、サッポロの『麦とホップ黒』はほとんど普通のビールと同じ味。
関連キーワード

ライター情報: 羽石竜示

フリーライターやってます。カメラ、写真、プリンタ、PC、デジタルガジェットなどの分野をおもに執筆。また、写真撮影にも注力しております。よろしくです。

2013年6月27日 07時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品