巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

ついにパリでも! フランス全土で巻き起こるコーラ戦争

ライター情報:加藤亨延

このエントリーをはてなブックマークに追加

右がパリ・コーラで左がパリゴー・コーラ

[拡大写真]

フランス人が好きな清涼飲料といえばオランジーナ! ……ではなく実際はコーラ(フランス人は「コカ」と呼ぶ)。仏国立清涼飲料組合が出した2010年の清涼飲料消費の統計からも見て取れるように、コーラ(54%)がトップで果実飲料(24%)、レモネード(8%)が続く。

パリ市内の小売店では、日本と同じくコカ・コーラとペプシ・コーラの2強が幅を利かせているが、そこに最近「パリ・コーラ」「パリゴー・コーラ」というパリのご当地コーラが登場した。

パリ・コーラは「パリジャンのようにちょっとわがままで皮肉屋だけど、おいしさがいっぱいつまったコーラ」がコンセプト。砂糖からすべて地元で念入りに一貫製造されているそうだ。一方、パリゴー・コーラも「たっぷりのユーモアとイタズラ、エネルギー、ずる賢さというパリのエスプリがボトル詰めされたコーラ」とうたう。それぞれ基本的にパリのテロワール(風土から生産物に反映されたその土地特有の性格)と地域密着を掲げ、一部大手小売店の他に市内の個人商店へも卸している。

通常のコーラとどう違うのか。両商品とコカ・コーラを飲み比べてみた。両者ともコカ・コーラよりは甘く、パリ・コーラとパリゴー・コーラでは、パリ・コーラの方が少し甘かった。どちらともコカ・コーラよりは炭酸が弱いが、両者間で炭酸の強さはほぼ同じ(気持ちパリゴー・コーラが弱いかも)だった。

じつはフランスのご当地コーラブームは今夏のパリで限ったことではない。
関連キーワード

ライター情報: 加藤亨延

主に週刊誌・月刊誌で海外事情を執筆。取材等での渡航国数は約60カ国。比較文化/旅行が、ど真ん中ストライク。ときどき社会/政治。ロンドンでの生活を経て現在パリ在住。

URL:http://tokuhain.arukikata.co.jp/paris/

2013年9月19日 07時00分

注目の商品